【営業力強化】&【認知度向上】に特化した情報コンテンツが貴社の未来を変える!

【営業力強化に活用できるアナログコンテンツ】

対面営業に欠かせないドアノックツール、印刷配布による展開ができ、訪問自粛時にはメールによるアプローチが可能です。

【認知度向上が期待できるデジタルコンテンツ】

自社サイトに掲載した情報はアクセス対策に有効、医療・介護分野のユーザーを増やすうえで貴社の知名度向上は不可欠です。

 

営業担当者がアプローチしやすい営業ツールだから「市場開拓」&「深耕営業」ができる

病院・診療所・薬局・介護施設・居宅介護事業所・有料老人ホーム・高齢者住宅等の各事業所では、業務が忙しく厚労省資料そのものを読み込む時間がとれない傾向があります。こうした現場が欲する情報は、誰でも手に入れられる情報(厚労省資料)そのものではなく、その情報がなぜ重要で何がポイントか、何に気をつけなければならないか等を示唆した解説です。

 

まず、アナログコンテンツ【letter】におけるヘルスケア情報レターの活用としては、営業担当者が病院・介護施設へアプローチする際に、商談を目的とした定期訪問に限らず、近況を確認するメール連絡等の場面であっても、質の高いアプローチ(接点の確保)確約できる特徴があります。その理由は、現場が欲する情報を収集し、日々アップデートしてレターを作成しているからです。

 

例えば、「医療・介護関連の用語がわからず、院長と会話ができない・・・」「医療・介護の制度改正は現場にどういった影響があるのだろう…」「どんな提案をしていけば良いのか・・・」などのお悩みはありませんか?

もし、こうした営業担当者が医療・介護市場を開拓する際のお悩みがあれば、それを解消するのが情報レターであり、取引先とのパートナーシップを築くうえで不可欠な価値ある情報提供が貴社の未来を変える起爆剤になっていくことでしょう。

 

そして、デジタルコンテンツ【web】での活用においては、貴社サイトにヘルスケア情報レターを掲載すればアクセス対策になります。情報レターのテーマとしている情報がアクセス対策(検索エンジン対応)に直結するため、医療・介護分野のユーザーを増やすうえでアクセス対策による知名度向上は欠かせません。情報レターの強みである継続的に情報発信が可能となれば、ユーザーとの強固な関係を築いていけるでしょう。

ヘルスケア 情報パック

 

情報のクオリティー&タイムリーさが営業の大きな武器になる

病院・介護施設等の潜在的なニーズをガッチリ掴む

ライバル社との差別化を図るうえで、情報レターを貴社オリジナル資料として活用していただくことで、新規開拓のみならず、病院・介護施設との関係を強化する深耕営業も可能です。また月1回の定期訪問ないし定例メール等の際に、都度タイムリーな情報を提供することで、新入社員でもベテラン社員でも同等のアプローチを可能とし、営業力の均等化を図れる点も選ばれているポイントです。営業担当者が訪問ネタがないなどと悩むことはありません。

取引先にも営業担当者にも「わかりやすい」と好評

病院・介護施設等では日々の忙しい業務の中、厚労省等の膨大な資料を読み込む時間がないため、最新の専門情報を気にされていることが少なくありません。当社が毎月発行する情報レターでは、幾多の情報から特に重要な情報を厳選し、ポイントを分かりやすく解説しています。 既に導入されている企業様においては、アプローチツールとしてだけでなく、営業担当者の教育ツールとしても活用いただき、社員のスキルアップに寄与しているケースもあります。

 

ヘルスケア情報レターの5つの特長、活用ポイント

ヘルスケア 情報レター 医療編 ヘルスケア 情報レター 医療編
  • 1.文字が少なくイラスト図表入りだから読みやすい!

    医療編と介護編に分けた情報レターは、毎号A4判5ページのボリュームに抑え、イラストや図表も多用しているため、とても簡潔で読みやすいと好評です。情報通の医療関係者をはじめ、制度的な方向性に関心を持つ経営者には、とっておきの情報提供として重宝されています。

  • 2.営業担当者の医療・介護分野の教育ツールに最適!

    病院・介護施設等へのアプローチツール(情報レター)を営業担当者が学習することで、さらに利用価値を高めることができます。情報レターに連動した“確認テスト”が毎月添付されるので、それを活用して更なる知識の習得に役立てることも可能です。

  • 3.貴社だけのオリジナル資料として、活用が可能!

    情報レターには、貴社のログマークプリントが可能です。ご要望によって、担当部署の連絡先を入れることもできます。定期訪問の際、相手が忙しくて手渡ししかできない場合でも、存在感を示すことができる貴社だけのオリジナルツールとして活用いただけます。

  • 4.最新の専門情報の収集機能をアウトソーシング!

    情報レターのほか、当社の情報サイトを併用いただくことにより、医療・介護分野に関する基本的な情報から専門的な情報まで、スピーディーに情報収集することが可能です。特に週単位で発行する「情報ヘッドライン」は、最新情報のポイントや出典資料(サイトリンク)を確認しやすいと医療関係者からも好評です。

  • 5.オンライン相談の活用(ヘルプデスク)で営業力を強化!

    4と同様に、当社の情報サイトのオンライン会員に登録すれば、医療・介護分野の専門コンサルタントに相談ができます。医療・介護分野の情報は、制度改正に大きく左右されるため調べるのは至難の業です。「すみません、専門外で分かりません」で終わらせずに、秘書的なヘルプデスクを持つことで営業力を強化いただけます。

(サンプルはこちら)

https://www.iryoken.co.jp/contents/new/detail---id-1780.html

 

(試行導入の申込はこちら)

https://www.iryoken.co.jp/inquiry

試行導入からスタートできる営業力強化

情報レターの基本単価は55,000円(税込)です。ただし、料金は医療・介護編(2種類)の同時契約、web利用契約、年間継続契約の場合には「各種割引」の適用になります。費用面はお気軽にお問い合わせください。情報レターは個別性が強いアプローチツールという特性を配慮して、1業種=1社または1都道県=1社を原則(先行導入順)としております。


導入をご検討の際には、病院・介護施設等の取引先及び開拓先の軒数と、営業担当者の人員数で導入コストをご判断ください。例えば、取引先及び開拓先1000軒、営業担当200名の場合であれば、1軒及び1名あたりの単価は税込45円/月の導入コストでまかなえます。ぜひこの機会に、医療・介護分野に対するアプローチを強化する情報提供ツールの導入をご検討頂ければ幸いです。

 

2ヶ月間の試行導入をご希望の際は、エントリーフォーム件名「情報レター2ヶ月試行導入の申込」をご選択ください。現状を変えるために、大切な新たな第一歩をともに踏み出していきましょう。

ヘルスケア情報レター FAQ

導入してどのような効果がありましたか?(導入された担当者のご感想)

Kベンダー L様

何もない所からのスタートでしたので、取り組めばすぐに効果が表れました。特に重点ターゲット先の病院事務長やクリニック院長へ、アプローチするキッカケに最適でした。新規取引先も開拓でき、本当により良いツールだと実感しています。

A銀行 T様

情報レターを毎月届けるごとに、取引先によって異なる興味のあることが仕分けでき、資金需要のニーズをつかみやすくなりました。既往先からは勉強会を依頼され、今まで以上に信頼関係が深まったように思います。
 

K商社 M様

これまでこういうツールを導入したことがありませんでしたので、導入するのは少し不安でした。しかし、目的が明確で月1回必ず重要な取引先にアクションする目標ができたため、具体的な指示も出しやすく、導入して半年余りで、営業マンの意識と行動がみるみる変わりました。
 
情報レターはどのように受け取りますか?
情報レターは原則E-mail添付ファイルにて、専任のご担当者様にデータ配信いたします。前月29日前後(4月号の場合、3月29日配信予定)に配信しますので、月初からすぐに展開することが可能です。なお、ファイル形式はwordにつき、時期折々のオリジナル案内をカスタマイズして挿入することも可能です。
医療経営研究所とは?
1996年設立以来、医療・介護経営コンサルティングに特化した専門家集団です。これまで、蓄積してきた経験、確かな分析力を機能させ、病医院・介護施設と信頼関係を築き上げ、経営パートナーとして共に歩んでまいりました。地域ヘルスケア市場の発展と繁栄のため、コンサルティングを通じた地域社会への奉仕を企業理念としています。
当社は、東証一部上場 医薬品総合商社バイタルケーエスケー・ホールディングスのシンクタンク機能を有し、事業会社の営業支援ノウハウを生かし、情報提供サービスに加え、医療・介護専門チーム立ち上げ支援、実地研修等の実績もございます。当社のコンサルティング事例及び情報提供の取り組みにつきましては、サイトTOPをご確認ください。
お問い合わせ