2017/06/01
厚労省は5月31日、「中医協総会」を開催し、平成30年度診療報酬改定に係る歯科医療その1について議論した。
 
歯科医療を取り巻く現状を踏まえて、地域包括ケアシステムの構築の推進、口腔疾患の重症化予防、口腔機能低下への対応を確認した。
 
改定に向けて、地域包括ケアシステムの構築を推進するうえでかかりつけ歯科医機能やチーム医療の推進における医科歯科連携等についての評価、そして患者にとって安全で安心でき、より質の高い適切な歯科医療を提供できるよう、患者像の変化や多様性も踏まえた、口腔機能の評価・管理や口腔疾患の重症化予防や生活の質に配慮した歯科医療の提供のあり方が論点となっている。