2019/08/21
厚労省は8月19日、介護職員等特定処遇改善計画書作成に資するツールを公表した。
 
このツールは、厚労省の老人保健健康増進等事業「処遇改善加算の申請等の簡素化に関する調査研究事業」の中で、介護職員等特定処遇改善計画書作成に資するツールとして作成されたエクセルファイルであり、そのフォーマットとして活用できる資材である。
 
2019年10月の介護報酬改定では「介護職員等特定処遇改善加算」が創設されることとなり、現行加算とは別に書類を提出する必要があり、加算を算定している事業者は後に実績報告書の提出が必要となる。10月から「特定処遇改善加算」算定する場合には8月30日(金)までに令和元年度分の計画書等を提出する必要がある。提出は随時受付としているが、加算算定は提出月の翌々月からとなっている。
 
■関連サイト: http://www.roken.or.jp/archives/17307