2019/08/20
厚労省は8月19日、2019年10月の消費税率の10%への引き上げに対応した10月1日から適用となる「薬価基準収載品目リスト」と「一般名処方マスタ」を公開した(9月30日までは現行リストが適用)。
 
リストでは、医療機関等における円滑な事務の推進を図る観点から、「先発医薬品」、「同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品」のほか、薬機法上の後発医薬品であっても、先発医薬品と同額又は薬価が高いものについては「診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品」とは見なさないこととして該当する品目に「★」印が付けられている。