2019/08/06
日本介護クラフトユニオン(NCCU)は8月5日、「2019年度 就業意識実態調査」の結果を公表した。NCCUは介護業界および関連事業に従事する方々の労働組合であり、毎年3月に組合員の就業意識や就業実態を把握するために「就業意識実態調査」を行っている。
 
今回公表された調査結果のうち、働く上での不安に対する問いでは「自分の将来のことが不安」が最も多く、「利用者に適切なサービスができているか不安」や「仕事中の介護事故が怖い」が上位に挙げられた。働く上での不満に対する問いに対しては「賃金が安い」が最も多く、「仕事量が多い」、「連休が取りにくい」、「何年経っても賃金が上がらない」とする回答が上位となっていた。
 
タブレット端末等のシステム導入後の変化に関する問いでは、「サービスの質の向上につながった」や「時間管理がしやすくなった」などの回答が多かった。介護ロボットの活用について、賛成の理由として「腰痛や体の負担が減る」や「人手不足が補える」が多い一方で、「反対」の理由では「利用者の体調や感情の変化に気づけない」が多くなっていた。
 
■関連サイト: http://www.nccu.gr.jp/topics/index.php