2019/08/01
厚労省は7月31日、がんとの共生のあり方に関する検討会を開催し、緩和ケアの提供体制として、がん患者・家族に対する意思決定支援やがん患者や家族等が安心して相談できる体制の整備について議論した。
 
患者・家族らのがんに関する相談について、心理、医療や生活・介護など様々な分野に関する相談をワンストップで提供する体制を支援する「地域統括相談支援センター」や「がん総合相談に携わる者に対する研修事業・ピアサポート」の現状を踏まえ、機能や取り組みの強化が課題となっている。
 
■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05994.html