2019/07/31
厚労省は7月30日、2018年簡易生命表の概況を公表した。
 
平均寿命は男性が81.25年、女は87.32年となり、前年と比較して男は0.16年、女は0.05年上回った。主な年齢の平均余命も、男女とも全年齢で前年を上回った。
平均寿命の前年との差を死因別に分解すると、男女とも悪性新生物、心疾患(高血圧性を除く)、脳血管疾患及び肺炎などの死亡率の変化が平均寿命を延ばす方向に働いていた
 
■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life18/index.html