2019/06/26
厚労省は6月21日、地域医療構想に関するワーキンググループを開催し、各エリアの構想区域の公立・公的病院等の機能分化・連携の状況を踏まえながら、再編統合の必要性がある公立・公的医療機関の具体的対応方針などについて議論した。
 
閣議決定された骨太方針2019では、公立・公的病院の具体的な再編統合や地域全体の医療提供体制の将来を見据えた医療機能の分化・連携を推進する方針が盛り込まれたため、2040年の医療提供体制を見据えて「地域医療構想の実現」「医療従事者の働き方改革」「医師偏在対策」を三位一体で推進していくことを確認した。
 
■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05350.html