2019/02/21
厚労省は2月20日、医師の働き方改革に関する検討会を開催し、2024年4月から適用される勤務医の時間外労働上限について議論した。
 
医師は応召義務などの特殊性があるため、年間960時間以内・月100時間未満を原則とする「A水準」をベースに、救急医療機関などが該当する地域医療を確保するための特例(B水準:年間1860時間以内)と、研修医や専攻医などが該当する技能向上のための特例(C水準)の具体的な時間の設定について議論が重ねられている。
 
■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03683.html