2019/01/31
厚労省はこのほど、介護保険最新情報Vol.694として、今般のインフルエンザ流行を踏まえて「今年度のインフルエンザ総合対策やQ&A」と「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」の周知を徹底した。
 
高齢者介護施設におけるインフルエンザの集団感染による死亡者が多数発生する事態となり、各施設では正しい情報の把握と適切な判断が求められている。インフルエンザなどの感染症発生時には、「状況把握」「拡大防止(罹患者と非罹患者の接触を避ける)」「医療処置」「行政への報告」などを実施する必要があり、改めて施設の体制整備を呼び掛けている。
 
■関連サイト: https://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou-files/documents/2019/0123100906653/ksvol694.pdf