2018/01/29
厚労省は1月26日、2018年度改定に係る議論として、個別改定項目その2及び入院医療その11、答申書の附帯意見案その1、各種調査報告書の資料を示して議論した。
 
答申書附帯意見案は、入院医療・DPC制度・医薬品の適正使用・生活習慣病の医学管理・オンライン診療・医療と介護の連携・医療従事者の負担軽減・データの利活用・調剤報酬などの改定の重点項目を中心に19項目で構成されている。これらについて改定後に検証して引き続き議論を行っていく模様である。
 
■関連サイト: http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000192221.html