2017/11/30
財務省は11月29日、財政制度等審議会が取りまとめた「平成30年度予算の編成等に関する建議」を公表した。
 
建議によれば、診療報酬改定は全体で「2%半ば以上のマイナス改定」、本体部分も「マイナス改定」が必要だとし、介護報酬改定においても「一定程度のマイナス改定」とすることが適当だとしている
 
改定率は、政府の予算編成過程において年末に決定される。
 
■関連サイト: http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/report/zaiseia291129/index.html