新入社員や、調剤報酬を改めて勉強しなおしたい方向け

調剤報酬の仕組みを理解するための研修動画

 

①医療保障制度の全体像

薬局スタッフが知っておきたい「医療保障制度の全体像」について解説しています。
新入社員や、調剤報酬を改めて勉強しなおしたい方に最適な内容です。
 
 
 
 

②調剤基本料

薬局スタッフが知っておきたい「調剤基本料」について解説しています。
新入社員や、調剤報酬を改めて勉強しなおしたい方に最適な内容です。
 
 
 
 

③調剤料

薬局スタッフが知っておきたい「調剤料」について解説しています。
新入社員や、調剤報酬を改めて勉強しなおしたい方に最適な内容です。
 
 
 

 

特徴

調剤報酬の仕組みについて深く学ぶ機会は実は多くはないと思います。

新入社員として入社した会社で少し学ぶ程度、もしくは現場でその都度学んできたという方も少なくないかと思います。

それでも、実際の業務に支障をきたすことは、それほど多くはありません。

 

今後はどうでしょうか?


対人業務を評価した点数を適切に算定していくためには、算定要件や施設基準をしっかりと理解する必要があります。また、2年に1度の調剤報酬改定に適切に対応するには、今後の調剤報酬の見通しを予測しながら準備をしていく必要もあります。

 

そこで、まずは現在の調剤報酬の仕組みを理解することが重要になってきます。現在の仕組みの理解が、これからの対人業務を考える上でのベースになるのではないでしょうか。このような考えから、本研修をシリーズ化させ、オンラインで提供することとしました(有償)。

 

薬局経営者(経営幹部)さまにおかれましては、対人業務を評価した点数の算定強化を見据えて、調剤報酬の基礎を学びなおす機会と捉えて頂き、ぜひスタッフさまの視聴を検討ください。

 

主に、新入社員や、調剤報酬を改めて勉強しなおしたい方向けに作成しています。
 

期待効果

現場スタッフ

・保険請求が正しく行える
・患者さんに親切丁寧に説明できる
・調剤報酬改定に適切に対応する
 
⇒ 納得感を持って自分の仕事ができる
 

薬局経営者・経営幹部

・調剤報酬改定に適切に対応できるスタッフが増える
・今、薬局に求められていることを調剤報酬からひも解けるスタッフが増える
・経営感覚を持って、業務に取り組めるスタッフが増える

⇒ 組織的に必要な施策を打つことで、会社の事業継続性を保てる
 

研修コンテンツのラインナップ

 
Coming Soon
④薬学管理料(加算)
⑤薬剤料・特定保険医療材料
 

 
 

服薬指導・薬歴の書き方ロールプレイング

特徴

薬歴の書き方はこれでいいのだろうか、薬歴をどのように活用したらいいのかとお悩みではありませんか? また、Do処方の患者対応にお困りではありませんか?この研修では、服薬指導のロールプレイイングを実施し、 基本的な書き方と患者対応に役立てる薬歴の書き方を学びます。症例は、新患、再来患者、Do処方の患者など さまざま取りそろえております。研修を終えた後には、「こんなふうに患者に対応すればよいのか」 「こう書けばよかったんだ」と気づいてくださると思います。

期待効果

薬歴の基本的なポイントが身に付きます。
忙しい業務の中で患者さんの情報をどう聞き出せばよいのか、コツがわかります。
患者役も体験することで、どう聞いてもらえば話しやすいのかを、体験から学びます。
前回の薬歴のから今回、次回へと指導するポイントが見えてきます。
患者さんのプロブレムを見つけることができます。

 


 

薬剤師の在宅訪問 ~入門編~

特徴

薬剤師は調剤した医薬品が期待した効果を発揮しているのか、副作用は発現していないかを確認し、 医療のPDCAサイクルに関わっていることが、ますます重要になってきます。これからの社会の方向性と 薬剤師がどのように在宅医療に関わっていけるかを学ぶ研修です。地域で、これから在宅訪問を始めようと 考えている中小規模の薬局薬剤師向けの研修です。

期待効果

今後の医療に関わる社会の状況を知ることができます。
薬局薬剤師の将来の方向性を学び、今何をするべきかが見えてきます。
在宅訪問の一歩を踏み出すことができます。

 


 

新人薬剤師研修

特徴

店舗での研修の前(初期)に保険薬剤師として研修すべき内容を、 発表やロールプレイなどを取り入れて行う研修です。「調剤業務の法的根拠について」 「医療安全とリスクマネジメント」「クレーム対応を考える」「処方鑑査と疑義照会の仕方」 「服薬指導のやり方」「薬歴の書き方」「保険点数について」などご要望に合わせて実施できます。 少人数で行うので、大変満足度の高い研修です。他の薬局の新人薬剤師を混合した研修なので、 お互いの情報交換も期待できます。

期待効果

保険薬剤師の基本をしっかり身につけることができます。
スムーズに店舗での調剤業務に入ることができます。
受け身の研修ではないので、研修での気づきから薬剤師としての目標を持つことができます。
保険薬剤師としての自信につながります。

  • ★個々のテーマの研修も可
  • ★組み合わせ研修も可
  • ★時期、場所の設定が必要です
  •  

  •  

服薬指導カンファレンス研修

特徴

今後増えていく退院時カンファレンスを想定して、病院薬剤師との連携をどのように考えていくかをテーマに、 保険薬剤師のサポートを考えていきます。入院されていた患者さんが、退院されることになった症例を取扱い、 薬局での服薬指導を考えます。検査値や処方薬から、患者への在宅での薬物治療における注意点やサポートを 考えていきます。病院での情報の読み方なども学びます。

期待効果

保険薬剤師として情報をよみとる力をつけることができます。
サポートの方法を学ぶことができます。

 


 

その他

研修の目的に応じて多様な研修を用意しております。リクエストに応じて構成することも可能ですので、ご希望があれお問い合わせください。
 
(例)
・薬薬連携(検査値を読む)対応研修
・医療安全リスクマネジメント研修
・薬局における損益改善案の策定
・薬局内業務効率化
・在宅および施設対応(導入、初回、継続)
・OTC選定および販売売上管理(本部管理を含む)
・在庫管理、適正化
・薬剤師における教育および人事考課
・薬局労務管理
お問い合わせ