よくあるQ&A 各コンサルティングの開業・経営などについて、
よくお寄せ頂く質問と回答をご案内しております。

法務全般

医療費未払いの患者が亡くなった場合、どのように解決すればよいでしょうか?

2014-04-01 00:00:00
患者が医療費を未払いの状態で亡くなられた場合、患者の相続人が不動産などの財産とともに医療費の支払い債務も併せて相続することになりますので、「相続人」に対して請求を行うことになります。

しかし実際には、相続が絡んだ場合、権利関係の複雑さゆえに積極的な回収を実行できないケースもあり、トラブルになる例が少なくありません。
このように債務者が死亡した場合には、まずは亡くなられた方の親族関係を含めた権利関係の調査が最大のポイントになってきます。

高齢者施設、在宅サービスの口座引き落としなどでも、同様のトラブルが今後増える可能性がありますので、注意が必要です。

未払金対策においては、そもそも未払いを起こさない事前対応が肝心であり、
専門の司法書士事務所にご相談いただければ、対応を検討することが可能です。

(情報提供先 司法書士法人A.I.グローバル:http://goo.gl/UpfvQ3