よくあるQ&A 各コンサルティングの開業・経営などについて、
よくお寄せ頂く質問と回答をご案内しております。

突合点検

突合点検対策として、傷病名がわからず調剤している薬局では、どんなことを注意したらよいでしょう。

2012-02-28 00:00:00
基本的には、薬価収載の適応症・投与量・投与日数等の投薬ルールを逸脱した場合に査定対象となるため、処方もとのレセプト審査が査定を受けやすいと言えます。

ただし、後発医薬品への変更調剤に限っては、適応外処方(調剤)を査定しないことが支払基金より明確に打ち出されたため、まずは一安心です。

調剤においては、処方せんだけでは傷病名がわからずに調剤している現状か
ら、傷病名に左右されない併用禁忌などの項目に対して、引き続き注意が必要になります。処方内容に疑義があれば、これまで通りに疑義照会は欠かせません。

なお、会員登録いただければ、「これだけは押さえておきたい! 突合点検5つのポイント」に関するレポート閲覧が可能です。
https://www.iryoken.co.jp/pharmacy/tool/topic/id:324/