佐藤 健太Kenta Sato 株式会社医療経営研究所 取締役  伝え方コンサルタント

誕生日/1976年5月11日

血液型/A型

主な資格

・米国NLP協会公認NLPマスタープラクティショナー
・コア・トランスフォーメイション トレーナーズトレーニング修了
・日本FP協会認定ファイナンシャルプランナー(AFP)
・東北大学薬学部 講師(コミュニケーション講座)
・千葉市薬剤師会 薬学実習生担当講師(心構え)
・メディカルナレッジ 薬剤師生涯研修担当講師

Message

1976 年5 月、宮城県仙台市に三人兄弟の次男として生を受ける。生後すぐ、父の仕事の関係で神奈川県横浜市に転居。幼稚園入園と共に埼玉県さいたま市(旧大宮市)に移り、高校卒業まで同地で過ごす。

阪神大震災発生やオウム真理教事件などで日本中が揺れていた1995 年、東北大学法学部入学を機に生まれ故郷である仙台に移り住む。1年間の英国留学を経て2000 年3 月に同大学を卒業、同年4 月に総合商社へ入社。石油製品の取引や輸出入、風力発電の調査などエネルギー関連業務に従事する。

社会人として働き始めて数年を経た2003 年、知人が難病に罹ったことをキッカケに人の生き方に大きな関心を持つようになる。また、2006年6月には普通車を走行中、大型トレーラーに追突されるという交通事故に遭遇。これらの体験を経て、限りある命を何のために使うかを深く自問自答するようになり、心理学やカウンセリングを学び始める。

そして、「医療の現場で活躍するスタッフの生きがい、働きがいを高めるお手伝いをすることで、痛みや不安を抱えた患者さんをサポートしたい!」という想いを強く抱くようになり、8 年間勤務した総合商社を退職。2007 年12 月に医療経営研究所に入社。

現在は、" 伝え方コンサルタント”として、経営コンサルティングに加えて、心理学をベースにした「人間力」を高めるための研修や講演、セミナーを、全国各地の病院、診療所、薬局、介護施設等で年間70 件以上実施している。

「一人ひとりが変われば、チームも変わる」をモットーに、参加者の心を震わす時間を創ることに日々取り組んでいる。様々なエピソードやワークを盛り込んだ内容は、面白くかつ実践的だと評判で、参加者からは「こういう研修は初めてです!」「人生観が変わりました!」との喜びの声を数多く頂いている。

また、そのノウハウをコンサルティングの現場でも活用し、集患やチームビルディングなど、具体的な改善に繋げている。

< 好きな言葉 >
・困ったことは起こらない
・見えない未来を信じる
・しあわせを感じる心を磨く

< 出版・執筆・インタビュー記事他 >
・「かかりつけ患者を倍増させる方法」 幻冬舎MC刊
・「CB News Management」 育っていますか?次世代リーダー 2016年4月より連載中
・「月刊医療経営士」2016年4月号 相手を育て行動を変える、叱り方の基本
・「日経DI2015年7月号」 薬剤師の職場満足度向上に関するレポート寄稿
・「ProファーマCH」 2013年コラム連載
・「月刊最新医療経営フェイズ・スリー」自立した組織へ向けた現場リーダーの作り方
・「月刊保険診療」 接遇や採用、人材育成をテーマにコラム執筆
・「月刊達人ケアマネ」「月刊訪問介護サービス」 2011年~2012年 コラム連載

【第5日目】 海外セミナー2017 : Team Strategy Presentation on Case Study

2017.06.04
みなさん、こんばんは!
伝え方コンサルタントの佐藤健太です。


現地時間の6月7日(水)夜10時過ぎです。
今日はまず初めに、Risk Evaluation and Mitigation Strategies(REMS)について
セミナーで学びました。
Specialty医薬品のように、使用上特に注意が必要な医薬品の
リスクをどう管理しながら治療効果を高めているか
その仕組みや基準を学びました。バイオ医薬品市場が拡大している中
こういった視点も大切ですよね!


その後は、与えられた課題に対する各チームのプレゼンです。
どのチームのプレゼンも甲乙つけがたい素晴らしいもので
評価をさせて頂いた私も、差をつけるのが難しかったです。


プレゼンの採点基準は以下の4つ。

・全員がきちんとプレゼンに参加しているか?
・分析は細部までしっかりされているか?
・ソリューションの内容は説得力のあるものか?
・プレゼン全体を通した総合的な出来はどうか?

その結果、直前までリードを許していたグループ3が
見事に大逆転で勝利を収めました!接線でしたね!


そして夜はいつものようにアメリカンステーキでフィニッシュ(^-^)
450グラムのステーキの横には、拳2個分くらいの大きさのポテトがあります。
お腹がいっぱいで苦しいですが、これも良い思い出です。


あっという間のHMIセミナーでしたが
参加者の方々は多くのことを学んだのではないかと思います。
そして大切なことは、それを行動に転嫁すること。
自分たちの未来は自分たちで創るという気概を持って
帰国後、価値ある薬局づくりに邁進してもらいたいですね。


また来年も同じ時期にセミナーを企画する予定です。
参加者の満足度が非常に高いセミナーですので
是非ご参加ください!!


伝え方コンサルタント
佐藤 健太